ヒプアニ1話感想・評判・見所まとめ

雑多オタク
雑多オタク

こんにちは!雑多オタクです。

今回は2020年10月2日24時からAbema他で放送された、ヒプアニ1話のあらすじや評判、感想についてまとめてみました!

目次

あらすじ

【ストーリー】
西暦××××年。
第三次世界大戦により世界は人口の3分の1を失った。
人類滅亡を危惧した権力者たちは武力ではなくディベートによる戦争回避を目指した。
――しかし愚かな男たちは武器による争いを止めることはなかった。そして西暦最後の年――……。
既存の世界は女性の手により終わりを迎える。
H歴。
武力による戦争は根絶された。
争いは武力ではなく人の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。
その名も「ヒプノシスマイク」。
このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。
H歴3年。人々はラップを使い優劣を決する。
男性は中王区以外のイケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョン等の区画で生活することになる。
各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。
兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたディビジョンバトルが始まる。
【オープニングテーマ】
「ヒプノシスマイク -Rhyme Anima-」
作詞/作曲/編曲:invisible manners
歌:Division All Stars(EVIL LINE RECORDS)

引用:『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima公式サイト

第1話のストーリー

これまで発売されていたドラマCDをベースに、アニメオリジナルストーリーが織り交ぜられています。チーム結成後のストーリーであり、東方天乙女と勘解由小路無花果の会話や、チームごとのラップシーンなどから4ディビジョンそれぞれの特色をつかめる構成になっていました。

第1話ということもあり各ディビジョンの紹介的なストーリーです。また、これまで明らかになっていなかったマイクとスピーカーの演出も描かれています。

評判

1.ツイッターの反応まとめ

ツイッターの反応

ツイッターのトレンド

  以下、放送終了30分後の日本のツイッターのトレンドです。(10月3日AM01:06)

1位  #ヒプアニ
3位  #シガーキス
7位  #ヒプノシスマイク
9位  #違法マイク
10位 #ラップシーン
11位 #ヒプマイアニメ
15位 #ラップバトル
19位 #シンジュク
21位 #ヨコハマ
27位 #スピーカー

 

ヒプノシスマイク -A.R.B-
ヒプノシスマイク -A.R.B-
開発元:Idea Factory Plus Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

見所

・OPのVerse蹴飛ばす山田家の脚

・ラップをすると爆発する(物理)

・山田三郎は橋本環奈だった

・飴村乱数がスピーカーに乗ってた(ってことは天国獄もあのバイクでナゴヤから上京してくるの期待しちゃってもいいですか?!)

・1人で30人を倒してしまう山田一郎、ほんと山田一郎

・銃兎のラップシーンの「✕✕✕✕」

・飴村乱数の「つっかまえてごらーん」が学年1のマドンナ感

・独歩の目の下の隈、想像以上にくっきりしっかり

・プリキュア

・寂雷先生のスピーカー天から降りてきたから、つまり寂雷先生は「

・最後横並びにキャラが並んでるカットでの乱数のチート並みの跳躍力

感想

まず一言、最っっっ高でした。

ヒプマイにはまってからの3年間、立ち絵とドラマCDからの供給で必死に脳内でキャラが動く姿を想像してきたオタクとしては、ヒプアニは毎秒新規絵・新曲で公式からの供給で見事にタコ殴りにされました…OPから精神干渉がすごかったです!

特にラップシーンはこれまで明らかになっていなかった、マイクとスピーカーの演出が描かれていて、使用者の個性がスピーカーに反映される事実を再確認してまた精神攻撃を受けましたね…

1話は作画の綺麗さやラップシーンの迫力に手を叩いて喜んでいた私ですが、
バトルシーンで推しがダメージを受ける(物理)シーンをこの作画の良さで見せられて
正気でいられるのか今からドキドキですね…

皆さん共に生き永らえましょう…

まとめ

終始作画がよく、ラップも最高にかっこいいです。もとからヒプノシスマイクのファンの人は
もちろんのこと、新規の方でも楽しめるようなストーリーになっています。

「ヒプノシスマイクのことをもっとよく知りたい!」という方は
ヒプノシスマイクの原点である以下のドラマCDから聞いてそこからヒプノシスマイクのことを
知っていくのがオススメです。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして、雑多オタクです。
2次元と2.5次元が大好きで遂にブログまで始めてしまいました。
舞台やミュージカルも好きでオススメなどを書いたりしてます。
お時間ある時にこのブログを覗いてくれたら嬉しいです!

当サイトで使用中のwordpressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる