【簡単】アクセス数がアップするタイトル選び10のコツ

雑多オタク
雑多オタク

こんにちは!

最近までブログのタイトル決めという敵と毎日闘っていた
雑多オタクと申します。

今回は初心者ブロガーである(残念なことにセンスのセの字も持ち合わせていない)私が『沈黙のwebマーケティング』という本を読んで得た、タイトル決めの
ノウハウについて具体例を挙げながら紹介していきます。

この記事を読めば、人に読んでもらえるタイトルの極意が分かります。
結論としては、タイトル決めはとてもシンプルです。

~この記事はこんな方におススメ~

・ブログのタイトルを何にしようかいつも迷う

・ブログのアクセス数がアップするタイトルの決め方を知りたい

・タイトル決めのテンプレートを知りたい

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 [ 松尾茂起 ]

目次

タイトルの重要性

ブログのタイトル決めはとても重要です。

というのも、もし良い記事を書いていても、興味を惹かれなかったり何が書いてあるか
分からないタイトルだと人はその記事を読もうとしません

皆さんもタイトルを見てその記事を読むかどうか決めたという経験があるのではないでしょうか?

有名なブロガーさん達もタイトル決めの重要さについてよく言及していますよね。

やっぱり自分が丹精込めて書いた記事は多くの人に読んでほしいですよね。
そのために、タイトル決めに重要な10の極意を学び実践しましょう!

タイトルに重要な10パターンの演出

自分事化

タイトルでは読み手のターゲットを絞ったキーワードを入れることも大事です。

例えば、
「対人コミュニケーションのコツを教えます!」というタイトルよりも
人見知りの人に読んでほしい!対人コミュニケーションのコツ
と書かれてある記事の方が読みたいと思いますよね。

この「人見知り」というキーワードがあることによって読んだ人は自分に関係することだと認識し、
その先の行動である「記事を読む」という行動が促されています。

「自分の周り事」化

「自分の周り事」化とは、読み手の「周りの人」にターゲットを絞るということです。

タイトル例:人の話を聞かない人に教えてあげたい!聞き上手になるコツ

生きていると怒りっぽい人や人の話を聞かない人と必ず出会いますよね…
そういう人と出会った時は「あるあるパターンの1人だ!」と思ってやりすごすしたり
ブログのネタにしちゃうのが1番ですね!

意外性

「意外性」には主に2パターンあります。

まず、「”話者”の意外性を訴求する」ということです。
例えば、現在批評家で活躍している人が
引っ込み思案だった僕が教える、話し上手になる方法
という記事を書くと、引っ込み思案だったのにどうやって現在のような口達者な人になったのか気になりますよね。

その「気になる」という気持ちが記事を読むきっかけになるため、最終的に記事のクリック率の上昇につながります。

次に「情報の意外性を訴求すること」です。
多くの人が常識だと思っていたことと違うことを訴求することや、今まで知らなかったことを訴求する方法があります。

タイトル例:意外と知らない?アンパンマンの速すぎる飛行速度
(答えは秒速7.9km=マッハ23だそうです。毎回加速しながらアンパンチされるバイキンマンが
空の彼方に吹き飛ばされているのも納得の驚きの速さですね)

数字の魔力

タイトルに数字を入れるとその効果や結果がより具体的になるので説得力が増します。

タイトル例:たった2ヶ月で10万PVを集めたブロガーが教えるSEOノウハウ

網羅性

網羅性とは、「この記事さえ読めば大丈夫だ」と印象付けることです。

タイトル例:これを読めばwordpressマスター!wordpressの全機能紹介します

確かに、関連した記事が1つの記事内に張り巡らされていると検索する手間が省けて便利ですよね。
記事を作成する際には読者の一歩先の行動を意識して書くことも重要です。

即効性

即効性とは、「スグに」や「カンタンに」などのキーワードを用いることです。

タイトル例:簡単!おうちでできるおしゃれなイタリア料理

代弁

代弁とは、ユーザーの心の中にある「言いたくても言えない気持ち」を代弁することです。

タイトル例:好きだからこそ言えない!素直に相手に気持ちを伝えられない5つの理由と解決策

結果

結果とは、そのノウハウを試して、どんな結果が生まれたのかを書くことです。

タイトル例:初心者の私がたった1年でブログで月100万円稼ぐようになったノウハウ
 

注意喚起

注意喚起とは、そのノウハウを知らないと、どんなデメリットがあるのかを書くことです。

タイトル例:知らないと恥をかく!社会人のマナー

行動提案

行動提案とは、そのページの活用法を提案することです。

タイトル例:【作り置き】週末のたった1時間でできる1週間楽する作り置き紹介します

まとめ

いかがだったでしょうか?

10のコツを意識してタイトルをつけるだけなので、
これなら自分にもできそう」と自信をもっていただけたかと思います。

「10のコツ」を実践してブログのPV数と効率をあげていきましょう!

前半で紹介した『沈黙のwebライティング』にはこの他にもブログを書くのに役に立つ情報がたくさん書いてあります。私もとてもお世話になっています。

この一冊には、ブログを書く上で知らないと損する有益な情報がギッシリ詰まっていたため、一冊持っているだけで情報収集の時間が大幅に節約できました。

特にブログ初心者やライティング力を挙げて収益を増やしたいという方は一冊は持っておきたい本です。

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 [ 松尾茂起 ]

それでは、ここまで読んで下さりありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして、雑多オタクです。
2次元と2.5次元が大好きで遂にブログまで始めてしまいました。
舞台やミュージカルも好きでオススメなどを書いたりしてます。
お時間ある時にこのブログを覗いてくれたら嬉しいです!

当サイトで使用中のwordpressテーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

目次
閉じる